日焼け止めの強さについて

日焼け止めを購入するときに参考にする2つの指標

 

「SPF」

「PA」

 

基本的に大きいほど強いという理解で間違ってはいませんが、使い方を間違えると肌にとって逆効果となってしまう可能性もあります。
また、SPFとPAの表記で期待できる効果についても調べてみました。

 

SPFってなに?

SPFはSun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で、紫外線防止指数とも呼ばれます。
SPFが表すのは『紫外線を受けて肌が赤くなるまでの時間をどれだけ引き延ばせるか』です。

 

SPFの値が大きいほど、紫外線を受けて肌が赤くなるまでの時間が長いことになります。
簡単に言ってしまうと日焼け止めの効果時間ですね。

 

人の肌は強い紫外線を浴びてから20分ほどで赤くなると言われています。
SPFの値が1増えるごとに肌が赤くなるまでの時間を20分引き延ばせるという意味になります。

 

SPF1の場合、20分引き延ばせ、SPF10の場合なら20分×10で200分引き延ばすことができます。

よく薬局などで売られている日焼け止めはSPF30といった記載がされているともいます。
この場合、20分×30=600分(10時間)引き延ばせるということです。
通常、10時間以上外に出ることはありませんので、たいていの場合はSPF30で十分なのです。

 


 

ここで気を付けておいて欲しいのはSPFが高ければいいというわけではないということ。
効果時間が長いということはそれだけ肌への負担の高い成分が使われているからです。
アウトドアの時でもSPF30で十分で、ちょっとした外出ならSPF10程度でも問題ないと言えます。

 

 

PAってなに?

日焼け止めのもう一つの指標PAはProtection grade of UVA(プロテクション ブレード オブ UVA)の略です。
PAが表すのは『紫外線から肌を守る強さ』です。

 

SPFが効果時間であったのに対し、PAは効果の強さですね。
PAは4段階で表され、

 

PA++++ 紫外線防御効果が極めて高い
PA+++ 紫外線防御効果が非常に高い
PA++ 紫外線防御効果がかなり高い
PA+ 紫外線防御効果がある

 

PAが強いものほど肌が黒くなるまでにかかる時間が長いということになります。
PA++++はかなり強力で、例えば真夏にゴルフをする、あるいは海水浴に行くなどと言った時以外はあまり使うことはないでしょう。
ちょっとしたお出かけならPA+かPA++で十分です。

 

SPFと同じく、強いものは肌への影響も強いですので、目的にあった日焼け止めがおすすめです。

 

 

オススメの日焼け止め

日焼け止めは用途によって強さを選ぶことが重要です。
UVケアを気にするのであれば、主にPAに注意して選んでみてください。

 

ただし、強いものはそれだけ肌への影響も大きくなりますので、用途に沿って何種類か用意しておくのが良いでしょう。
逆にSPFは海水浴やアウトドアの時以外はさほど気にする必要はないといってもいいですね。

 

最近は飲む日焼け止めサプリも登場していますので、こちらもおすすめです。
飲む日焼け止めサプリは1日効果があるので、紫外線が気になる季節は朝に飲んでおけばその日一日UVケアができるスグレモノです。

 

飲む日焼け止めサプリ特集はこちら>>