日焼け止め必須!紫外線の知識【紫外線の肌への影響】

前回は、紫外線は可視光線(光)よりエネルギーが強く、肌にあたるとダメージを受けるというお話でした。

 

日焼け止め必須!紫外線の知識【紫外線ってなに?】はこちら>>

 

今回は、紫外線は肌にどのような影響があるかを詳しく調べていきます。

UV-Cのような波長の短い紫外線は肌に深刻なダメージがあると言われています。
しかし、UV-Cのような波長の短いものは地表に届く前に大気に吸収され、通常は浴びることはありません。

 

地表に届くのは比較的波長が長いUV-B(0.5%が到達)とUV-A(約5%が到達)です。
これらが日焼けの原因となるのですが、なかでも水ぶくれを伴う強度の日焼けや皮膚がんの原因となるのはUV-Bが原因と言われています。
また、冬場のスキー場でUVカット機能があるゴーグル等を着用しなかった場合に雪目といわれる炎症が起きることがありますが、これもUV-Bが原因と言われています。
たった0.1%しか到達しないUV-Bですが、かなり怖いものなのです。

 

UV-AはUV-Bより波長が長くエネルギーが低いのですが、危険性が全くないわけではありません。
UV-Aは皮膚の深いところに到達してコラーゲンにダメージを与えます。
コラーゲンがダメージを受けるということは、肌の老化が加速するということです。
紫外線がシミやそばかすの原因となるというのはUV-Aによるものなのです。

 

UV-Aは強度の日焼けなどにはならないとしても、長期的に見ると美容の大敵と言われるゆえんです。

 

 

紫外線の影響度を知るには?

紫外線が日焼けは肌の老化に影響があることが判っても、今日はどのくらいの強さがあるのか判らないと対策しようがありません。
そこで考え出されたのが「UVインデックス」という指標です。

 

UVインデックスは紫外線が人体に与える影響度という観点で紫外線の強さを数値化したものです。
算出方法の詳細はとても難しい科学の話になるのでここでは省きますが、「地表に届く紫外線の強さ」と理解していただければOKです。
UVインデックスは世界保健機関(WHO)の指標では0から11+まで(11以上は11+で表記)するようになっています。

 

しかし、日本ではしばしばUVインデックス12や13という値が観測されるため、0から13+までの15段階で表記されています。
それだけ日本の紫外線量は多いということですね。
参考までに那覇の時間帯別UVインデックスを掲載しますが、ものすごい紫外線量ということがお分かりいただけるかと思います。

(日本の他の都市のUVインデックスはトップページ中段あたりから参照できます)
日焼け止めサプリ特集(UVインデックスの値)